ECサイトとは?構築方法やメリットデメリットを解説

ECサイトを開設すると、自社の商品やサービスをインターネット上で販売できるようになります。現代ではインターネット上で気軽にショッピングを楽しむ人が多く、ECサイトを開設すると売上アップが期待できるでしょう。

「ECサイトを立ち上げたい!」
「ECサイトを構築するメリット・デメリットって何だろう」

このように、ECサイトの構築を検討している方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ECサイトの基礎知識や構築方法、メリット・デメリットを詳しく解説します。ECサイトを構築する際は、ぜひ参考にしてくださいね。

ECサイトとは


ECサイトとは、自社の製品やサービスをインターネット上で販売するためのWebサイトのことです。「ネットショップ」「Eコマース」とも呼ばれています。

ECとは「Electronic Commerce(エレクトロニック コマース)」の頭文字をとったもので、「電子商取引」という意味です。

パソコンやスマートフォンが普及したことにより、多くの人がECサイトを利用して商品やサービスを購入しています。ECサイトの魅力は、何よりも気軽に商品が買えることだといえます。

実店舗に足を運ぶことなく目当ての商品が自宅に届くので、今後ますますECサイトの需要は高まるでしょう。

ECサイトは大きく分けて2種類


ECサイトは、主に以下の2種類に分けられます。

  • 自社サイト型
  • モール型サイト型

ここからは、それぞれの違いを見ていきましょう。

自社サイト型

自社サイト型とは、商品やサービスの販売を行うために自社で構築したECサイトのことです。既存のネットショッピングモールのシステムを利用しないため、自社で独自にデザインや機能をカスタマイズできることが特徴です。

自社サイト型ECサイトの例として、ユニクロ無印良品などがあげられます。

そして、自社サイト型はネットショッピングモールの都合による影響を受けないというメリットがあります。自社運営なので、出店手数料販売手数料は一切かかりません。

自社サイト型ECサイトを立ち上げるには、以下の方法があります。

  • ゼロの状態から独自にシステムを立ち上げてECサイトを構築していく
  • ECサイト構築ツールやサービスを利用する
  • ECカート(ショッピングカート)システムを利用する

自社サイト型はとても自由度が高いですが、セキュリティシステム決済システムなどの開発はとても重要です。セキュリティ対策が万全でなければ、利用者も大幅に減ってしまうでしょう。

しかし、ECサイトを自社の雰囲気に合ったデザインにできるなど、こだわりを反映して構築が可能です。

モール型サイト型

モール型サイト型とは、既存のネットショピングモールに出店するタイプのECサイトです。主に以下のようなネットショッピングモールを利用して、ECサイトを出店するケースが多いです。

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Amazon

モール型サイト型は、ネットショピングモールの集客力の恩恵を受けられるため、自社の売上アップや認知度向上が期待できます。

ネットショッピングモールに出店する場合は出店手数料などの費用が発生しますが、ECサイトのシステムを自社で開発する必要はないため、自社サイト型に比べて構築がしやすいでしょう。

ネットショッピングモールから店舗や商品の管理システムが提供されるので、ECサイトの運営に専念できる環境といえます。

ECサイトのメリット、デメリット


ECサイトは、適切に運営ができれば売上アップが見込める新しい販路になります。しかし、ECサイトにもメリット・デメリットが存在します。

ここからは、ECサイトのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット

ECサイトのメリットとして、以下の2つがあげられます。

  1. 場所に縛られない
  2. 定期購入機能やクーポンなどWeb独自のサービスを提供できる

もし実店舗が大阪にしかなければ、その周辺地域の人しか店舗に訪れることはないでしょう。しかし、ECサイトは実店舗のように場所に縛られることなく、どの地域に住んでいる人でも商品を購入できます

店舗が大阪だけだとしても、ECサイトを通じて北海道の人が商品を購入することもできるのです。日本だけではなく、世界中の人々を顧客にすることもできます

さらに、定期購入機能やクーポンなどWeb独自のサービスを提供できることもメリットのひとつ。定期購入機能は、継続的に売上が見込める機能です。さらにクーポンも用意することで、ECサイトからの注文増加も期待できるでしょう。

また、Web独自のサービス提供は集客効果も見込めます。

デメリット

ECサイトのデメリットとして、以下の3つがあげられます。

  1. Webサイト構築、維持のためのコストがかかる
  2. 集客が必要
  3. 他店と価格の比較がしやすいため、価格競争が発生しやすい

ECサイトを構築するためには、システムの利用料や開発費などの初期費用が発生します。また、運営を続けていくためにも維持費用がかかります。新たな販路となるECサイトですが、実店舗の運営と同じくコストがかかるので注意しましょう。

そして、ECサイトから商品やサービスを提供するためには集客が必要です。インターネット上にはさまざまなECサイトがあるので、独自性を見出して集客を行わなければいけません。

そして、ECサイトは気軽に利用できることが魅力です。しかし、気軽に利用できる分他店の価格と比較がしやすいため、価格競争が発生しやすいといえます。

ECサイト構築の5つの方法


ECサイトを構築するには、以下の5つの方法があります。

  • ASP
  • クラウドEC
  • ECパッケージ
  • オープンソース
  • フルスクラッチ

ここからはそれぞれの概要を説明しますが、「もっと詳しく構築方法が知りたい!」という方は、以下の記事を参考にしてください。
ECサイトの構築方法は?サービスの種類ごとに費用と手順を比較

ASP

ASPとは「ASPカートシステム」のことで、ショッピングカートや決済機能などECサイトを運営するうえで必要な機能を提供するサービスです。すでにシステムが構築されているので、簡単にECサイトを始められます。

そして、ASPは基本的にクラウド型で提供されるため、サービス事業者が常に安全性が高い最新のセキュリティシステムに更新してくれることがメリットのひとつ。

一方で、既存のシステムを利用するためデザインなどのカスタマイズ性が低いことがデメリットといえます。デザインや機能性にこだわりたいという方は「クラウドEC」「ECパッケージ」など、ほかのシステムがおすすめです。

ASPは手軽に、そして安全性が高い状態でECサイトを開けることが特徴です。

クラウドEC

クラウドECとは、クラウド上でECサイトの運営に必要な機能を提供しているサービスのことです。カスタマイズ性が高く、外部システムとの連携ができることがメリットです。

しかし、カスタマイズを行うとある程度の費用がかかる可能性があるので、事前に見積もりをしておきましょう。

クラウドECはクラウド上のサービスを利用するため、自社でサーバーを用意する必要がありません。さらにセキュリティシステムは常に最新のものにアップデートされるので、安全性が高いといえるでしょう。

ECパッケージ

ECパッケージは、ECサイトの構築に必要な機能がひとまとめにされたソフトウェアのことです。ECサイトの基本機能が充実しており、カスタマイズ性が非常に高いことがメリットといえます。

ECパッケージのデメリットは、外部の開発ベンダーにカスタマイズを依頼するためコストがかかるということ。システムをアップデートするたびに依頼する必要があるので、運用していくにあたり手間とコストがかかります。

コストがかかることがデメリットですが、ECパッケージはソースコードが公開されていないため、セキュリティ面では非常に安心だといえるでしょう。

また、カスタマイズをすることで自社が思い描く理想のECサイトを実現することが可能です。

オープンソース

オープンソースは、外部にソースコードを公開しているソフトウェアのこと。無料でプログラムをインストールできるため、導入コストを抑えてECサイトを構築できます。

しかし、ソースコードが公開されているということは悪意のあるユーザーに脆弱性がある部分を見つけられやすいというデメリットがあります。そのため、ほかのシステムに比べてセキュリティ面で不安があるといえるでしょう。

万全のセキュリティ対策を行うためには、常に最新のプログラムにアップデートする必要があります。

また、オープンソースは自社でカスタマイズが必要です。

Web制作のスキルがあり、導入コストを最小限まで抑えたい場合はオープンソースがおすすめです。

フルスクラッチ

フルスクラッチは、フルオーダーメイドで0からECサイトを構築する方法です。ECサイト構築方法の中で、最も自由度が高い方法といえます。どのような要件であっても反映できることが最大のメリットです。

しかし、フルオーダーメイドで構築するため莫大な費用がかかります。さらに、システムが完成するまで時間がかかることもデメリットといえるでしょう。

フルスクラッチは自社だけの完全オリジナルECサイトが構築できるので、ブランディングには最適。資金や時間に余裕がある企業におすすめのECサイト構築方法です。

ECサイトは構築後の運用が大切


ECサイトは、完成したらそこで終わりではありません。最も大切なのは、ECサイト構築後の運用です。ECサイト構築後の運用によって、売上が左右されると言っても過言ではありません。

ECサイトを適切に運用していくために、SEO対策や広告運用などのWebマーケティングをしっかりと行い、集客につなげていきましょう。

成果につなげるために重要なのは集客

ECサイトは、集客できなければ売上は見込めません。そのため、ECサイトの運用で最も重要なのは集客です。

ECサイトの集客には、「SEO対策」「広告運用」がおすすめです。

SEO対策を行い検索エンジンで上位に表示されると、ユーザーの流入数増加が期待できます。Web広告は掲載し続けるとコストがかかりますが、SEO対策で効果が出ると継続的なコストはかからず着実な集客が行えるため、売上アップも期待できるでしょう。

ECサイトのSEO対策は「キーワードの選定」「適切な画像設定」などさまざまな方法があるので、ぜひ本サイトの記事を参考にしてみてください。
NERD ZINE|SEO

そして、広告運用では主にインターネット上にWeb広告を出して自社のECサイトへユーザーを誘導します。

Web広告は、主に以下のような種類があります。

  • リスティング広告:検索結果の上部に広告を表示
  • ディスプレイ広告:さまざまなWebサイトの広告枠に広告を表示
  • SNS広告:FacebookやInstagramなどのSNSに広告を表示
  • アフィリエイト広告:アフィリエイターに広告を表示してもらう

Web広告はユーザーの目に止まることが多いので、ECサイトへの集客が見込めるでしょう。

そして、ECサイトはPDCAサイクルを回せるように構築する必要があります。

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」のサイクルを回していくこと。Action(改善)から再びPlan(計画)に循環して、継続的に改善を続けていきます。

PDCAサイクルが回せなくなると、適切な改善ができなくなってしまうので注意が必要です。改善を続けていくためにも、あらかじめPDCAサイクルが回せるようなECサイトを構築しましょう。

さまざまなECサイトの構築実績があるNERD株式会社なら、PDCAサイクルを回せるECサイトの構築や運用のサポートが可能です。

NERDがECサイト構築から運用までお手伝い


NERD株式会社は、さまざまなECサイトの構築や運用実績があるWeb制作会社です。

「ECサイトの構築方法がよくわからない」
「適切な運用ができるか不安」

このようなお悩みは、実績が豊富なNERDにぜひお任せください。これまでに培ってきた豊富な経験を活かして、最適な方法でECサイトの構築と運用を行います。

NERDでは、成果につながるECサイト構築から運用までをサポートします

NERDでは、「ECサイトを作ったら終わり」ではなく、NERDのWebマーケティング部門が運用・集客を完全サポートします。「お金と時間を極力かけない」ことを念頭に、「結果の出る」アウトプットにこだわってサポートを行っています。

ECサイトの構築後は、SEO対策Web広告の運用も可能です。NERDでは主に以下のような広告を取り扱っております。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • バナー広告
  • アフィリエイト広告

効率的にECサイトの運用を行い、どうすれば売上を増やせるかを考えながら、成果につながるWebマーケティングでお客様のECサイト運用をサポートします。

さまざまな業種でのECサイト構築・運用実績があります

ここで、NERDが実際に構築・運用しているECサイトの事例を3つ紹介します。

アパレル卸売り企業のECサイト制作事例


SLOPPY SUPPLY ONLINE STORE

東日本橋に拠点をかまえるアパレル卸売り「矢ノ倉東京株式会社」様のECサイトを制作しました。ASPの「STORES」というシステムを使用して制作を行い、お客様の使いやすさを重視したECサイトに仕上がっています。

併せてご依頼いただいた「ブランドコンセプトページ」ではブランドの魅力を伝えており、ECサイトと行き来ができるため販売増加に貢献しています。

美肌湯パックの販売を行うECサイト制作事例


オリジナルカジ

愛媛県に拠点を置かれる「オリジナルカジ」様のECサイト制作を行いました。

取り扱っている商品は、「愛媛の逸品 すごモノ」としても紹介された「美肌湯パック」。愛媛の名産である今治タオルを使用した商品で、高品質であることが特徴です。

NERDはデザイン性のあるきれいなページを制作し、ECサイトで使用している写真の撮影コーディングも行いました。

糖質制限・低糖質に特化した飲料を販売するECサイト制作事例


River Bridge

兵庫のショップ「River Bridge」様のECサイト制作を行いました。こちらのECサイトでは、糖質制限中の方でも安心して飲めるように開発・製造されたトニックシロップやジンジャーシロップなどを販売されています。

新規でECサイト設立を希望されており、NERDが以下のお手伝いをさせていただきました。

  • 情報の整理
  • デザイン
  • コーディング
  • 写真撮影から加工
  • ショップ機能の実装

ECサイトの開設により、店頭と合わせてWebでの販路も拡大することができました。

ECサイト構築にお悩みならご相談ください

「ECサイトの構築方法がわからない」
「正しく運用していけるか不安……」

ECサイトの構築を考えている方の中には、このようなお悩みを抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ECサイト構築にお悩みなら、ぜひNERDにご相談ください。

NERDは事業方針と予算に沿って、なるべく「お金と時間をかけず」「結果の出る」アウトプットでECサイトを構築・運用いたします。

これまでにNERDの施策を導入いただいた案件数は、約260件以上。お客様アンケートの結果、施策への満足度は5点満点中4.9点と高評価をいただいています(2021年8月時点)。

「成果の出るECサイトを構築したい!」とお考えの方は、一度NERDにご相談ください。NERDは頼れるパートナーとして、成果の実現をサポートいたします。

やりたいことや依頼したいことがまとまっていなくても、お気軽にお問い合わせください。
NERD株式会社に相談してみる

御社の取り組み内容やお悩み、お気軽にご相談ください。

WEBを通して、数々の顧客のビジネス改善を行ってきたNERD株式会社が、御社のお悩みを解決する方法を一緒に考えます。

無料相談はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事